幼児 便秘 痔

幼児で便秘。。痔も痛がる時はどうすればいいか

スポンサーリンク

子供の便秘は気がつかないかも知れませんが良くあることです。
最近、子供の便が数日出てないなと思ったり、ウンチが出るのに我慢しているようでしたら、それは便秘のサインです。
幼児の場合ウンチが数日でないだけでなく、ウンチが硬くなって出にくくなるのが特徴です。
特に幼児の場合問題になるのが、ウンチが硬いといきんでいるときに痔になってしまいがちです。
痔になると痛いため、「ウンチをすると痛い」と子供が思い込みウンチをしないように我慢してしまうと言う悪循環が出来てしまいます。
ウンチをしないように我慢してしまうとますます便秘が進みますし、おなかも痛くなります。
そのため大泣きしたり、痔もそのままでは悪化してしまうので幼児の便秘は早めに対処するほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

対処方法ですが一番いいのは小児科にいくことです。
お医者さんに下剤を処方してもらいます。
下剤は幼児用に細かい単位で調整できる下剤が使いやすいです。
最初は軟便でいいので「子供にウンチは痛くない。
自然と出るもの」とウンチをすることに抵抗をなくすのが大切です。
ウンチをスムーズに出せるようになったら、徐々に下剤の量を減らしていきます。
次に痔はやはり薬を処方してもらい、トイレの後、お風呂のあとに数回塗って早く治すのが一番です。
夏になると幼児は便秘になりやすく、そのまま痔も合併して出ることが多いです。
あまりに出なくて子供の体に負担がかかる場合は薬で治すことが一番です。
現在の便秘を解消したら食生活などの改善を心がけるといいですよ。
まずは汗をかきやすい夏は水分を多く取る事や野菜など繊維質のあるものをきちんと食べることです。
そして規則正しい生活が一番の健康の対策です。

スポンサーリンク