便秘 熱 幼児

幼児の便秘どうする?熱がある場合の対処法について

スポンサーリンク

幼児で便秘の症状がある場合は、発熱することもありますので注意が必要です。
これは、水分が元々不足しているため、便秘になったり、熱を出したりということが考えられます。
ですから、水分をたっぷり与えたり、あるいは浣腸をしたりすると、スムーズに排便ができ、しかも熱も下がったというケースもあります。
特に赤ちゃんの場合は、新陳代謝が活発な分、汗をかくことも多いので、こまめに水分を補給させるようにしましょう。
それから虫垂炎の場合も、発熱や便秘といった症状が現れることがあります。
この場合は激しい痛みを伴いますので、すぐに病院に連れて行くようにしましょう。
そのまま放っておくと、後で腹膜炎などを併発してしまって、重態に陥ることもあります。

スポンサーリンク

また乳児の場合は、母乳が不足している、あるいはミルクで育てられている子の場合は、炭水化物が不足しているなどの理由で便秘を起こしがちなこともありますので、注意が必要です、幼児の場合は、水分以外に食物繊維をできるだけ摂らせるのがいいでしょう。
それからごくまれに、先天性の病気が原因で便秘になることもあります。
甲状腺機能の低下や、ヒルシュスプルング病などがその代表です。
ですから、水分や食物繊維を与えてもなかなか症状が改善されない場合は、これらの病気を疑ってみることも大切です。
甲状腺機能の場合は、専門医がいればベストですが、いない場合は内分泌科または内分泌代謝科、ヒルシュスプルング病の場合は、小児外科を受診するようにしてください。

スポンサーリンク