臨月 便秘 吐き気

臨月で便秘に悩み中。。吐き気をともなっているのはなぜ?

スポンサーリンク

妊娠中の妊婦さんは慢性的な便秘になりやすいです。
原因は色々ありますが、まずは、妊娠することでこれまで分泌されてたホルモンのバランスが大きく変わってしまうことが最大の原因になります。
特に、妊娠中は黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが大量に分泌されてる為、その影響を受けるからなのです。
この黄体ホルモンの主な働きは、子宮緊縮をコントロールすることで流産や早産を防止します。
ですが、大腸内の水分まで羊水に使う作用で便を硬くしてしまうのです。
そして赤ちゃんの胎動が活発になる妊娠16週頃からは胎盤からも分泌されるようになります。
さらに、臨月と言われる妊娠36週以降になると、妊娠前と比較して20倍近くの量の黄体ホルモンが分泌されるようになります。
「臨月の便秘について」
赤ちゃんの身体が成長することでおなか全体が大きくなり、それによって大腸が圧迫されます。
また、初めての妊娠で初産を控えている妊婦さんは、自分の身体の変化やおなかの赤ちゃんの成長具合などの全てが未経験で、色々なことに対して不安な気持ちを抱えてしまいがちになります。
このような、不安な気持ちが多くなると自律神経は、その気持ちを精神的ストレスとして感じてしまい、自律神経を構成している交感神経と副交感神経の働くバランスが乱れます。
特に内臓機能の働きに影響を及ぼす副交感神経が乱れると、大腸が痙攣してしまう痙攣(けいれん)性便秘になることがあります。

スポンサーリンク

慢性便秘が長期間続くことで、おなかに不快感を感じます。
これが原因で、頻繁に吐き気をもよおすことがあります。
腸内に老廃物である便や腐敗ガスなどが充満した状態にも関わらず、老廃物が体外へと排出できない為、胃や十二指腸に刺激を与えることで起こります。
また、血液に溶け込んだ腐敗ガスは、全身を循環することで口臭や体臭の原因になり、その刺激で嘔吐を引き起こすこともあるのです。
たまった便が大腸の機能を低下させ、消化液がうまく分泌されない結果、消化管にたまることも原因の1つです。
このように吐き気が原因で食欲不振にもなってしまいます。
突然の便秘で具合が悪くなることの吐き気や嘔吐などが起こる症状の理由は様々で、女性なら生理前の不調や妊娠初期のつわりも考えられます。
吐き気が原因で食欲まで無くなると、身体に必要な新陳代謝を促がすためのエネルギーが不足します。
そうなると、大腸も含めた内臓機能の低下だけではなく、腸内に残っている古い老廃物(便)が新しく食べて作られた老廃物に押し出されないという悪循環になってしまうのです。

スポンサーリンク

臨月で便秘に悩み中。。吐き気をともなっているのはなぜ?関連ページ

授乳中の便秘にヨーグルトはいいのか?食べるときの注意点とは・・