便秘 寝方

便秘を改善する寝方ってあるの?

スポンサーリンク

お腹がすっきりしなくて体が重い感じがして不快な便秘の症状。
食べ物などで日々改善しようと努力している人も多いでしょう。
便秘を改善するためには食べ物のほかに効果的な寝方があるようです。
以前テレビ番組などでうつぶせに寝るのが便秘解消にいいということで進められていました。
うつ伏せに寝ることで腸を刺激して便秘にいいと言われています。
手でするマッサージでは腸を刺激することが難しいのですが、うつ伏せになることで体重がおなかにかかりマッサージ効果がでやすいのです。
うつ伏せにずっと寝るのは大変というひとも寝る前少しだけ布団の上でうつ伏せになったりストレッチをすることで腸に刺激を与えることができるのではないでしょうか。
うつ伏せになってごろごろと転がるのも便秘に効果的です。
また左側を下にした横向きの寝方もいいと言われています。

スポンサーリンク

余談ですが、胃もたれする、消化を助ける寝方は右を下にして寝る方法がいいと言われています。
それは胃が左から右に曲っているので右を下にして寝ると消化をたすけるのではということなんですね。
便秘を改善するのにいいと言われているうつ伏せで寝る方法ですが、腰痛持ちのひとは気をつけたほうがいいです。
背中が反ってしまい腰に負担がかかるからです。
便秘もあるけど腰痛もあるというひとはうつ伏せ寝をするときは自分の腰の状態と相談しつつやったほうがいいでしょう。
妊婦さんの便秘解消する寝方としてはうつ伏せはよくありません。
お腹を圧迫していまいます。
妊婦さんはお腹が大きくなることで子宮に腸が圧迫され腸の動きが鈍ってしまうのが便秘の原因のひとつとして考えられます。
妊婦さんの場合はうつ伏せではなく横向きで膝を曲げるという姿勢で寝るといいと言われています。
膝の間にクッションなどを挟むと力が分散されて楽です。

スポンサーリンク