右下腹部 痛み 便秘

右下腹部の痛みと便秘の関係?原因は・・・

スポンサーリンク

便秘によって溜まるガスは、腸内に便がだいたい3日以上溜まった時に発生します。
そのガスはどんどん腸内を充満させて、まず最初にお腹を圧迫し始めます。
その後腹痛を起こして、直腸から大腸へ進んで小腸までガスが浸透することによって、右下腹部を痛ませてしまうのです。
「右下腹部が痛い他の原因」
ほとんどの場合がガスによる圧迫が痛みの原因と言われていますが、稀に他の原因もあります。
まず内臓疾患が原因の場合です。
これは慢性盲腸などの症状によって、大腸や小腸が絡み右下腹部の痛みが発生している場合です。
この場合はすぐに病院で診てもらわなければなりません。
最悪の場合、肝臓がんによる右下腹部の痛みとしての可能性もあります。

スポンサーリンク

便秘によるガスが溜まっていることが原因の右下腹部が痛みであるかどうかを確認したい場合は、自分自身で触ってみてましょう。
しこりや、でっぱりがないかの確認をします。
もし、しこりのようなものを感じたら、それは病気の危険性が考えられるので、すぐに病院へ行き診察を受けるようにしてください。
「ガス抜きで痛みを解消」
ガスはおならをすることによって排出させることが重要です。
しかし便秘であると、なかなかガスも抜きにくいといわれています。
便秘を解消しながらガスも抜くことが重要でしす。
便秘になり、脇腹が痛くなった場合はガス抜きをする必要があります。
1日2回、朝起きた時やお風呂に入っている時など、おならをしても大丈夫な時にマッサージをして下さい。
おならを我慢することによって、ガスが溜まり、脇腹を痛めてしまうので、できれば我慢しない方が良いでしょう。

スポンサーリンク