便秘 痛み 場所

便秘すると腰の左側が痛いのはどうして?原因は何?

スポンサーリンク

便秘を慢性的に患っている事で起こる症状に右脇腹の痛みがあります。
右脇腹ではなく、反対の左脇腹が痛くなる場合もあるのですが、その原因というのは、便秘によって発生したガスの圧迫が原因とされます。
便秘によるガスはおよそ腸内に溜まった便が3日以上蓄積されることで腐敗しはじめ、悪臭のガスが発生するようになります。
そのガスがどんどん充満していくことで最初はお腹を圧迫しはじめ、腹痛をおこし、そして徐々に直腸から大腸へ、そして小腸までガスが浸透して右脇腹の痛みが起きてしまいます。
ほとんどの場合はガスによる圧迫が原因なのですが、稀に他の原因もあり得ます。
内臓疾患の可能性があり、これは慢性盲腸などの大腸や小腸が絡んでしまって右脇腹の痛みが発生している場合があり、病院で診てもらう必要があります。

スポンサーリンク

もし便秘によるガスで右脇腹が痛んでいるのかどうかその場所を確認したい場合には、右脇腹を触ってしこりのようなものや、でっぱりがないか確認します。
もしも、しこりのような感覚がある場合それは他の病気の可能性があるので、病院に行き診察を受けるようにします。
右脇腹の痛みはガスを発生させている、便が根本的な原因でもあるため解消させる事が大事です。
おすすめなのがガス抜きも出来て便秘解消にもなる食べ物が、サツマイモ、かぼちゃ、じゃがいもです。
イモ類には食物繊維が多く含まれているため、効果的であり、便を柔らかくする効果が期待できる食べ物です。
イモ類は消化吸収率が遅いため、腸に入ると一生懸命消化しようとするので腸のぜんぞう運動が活発になり、しっかりとガスを抜くことができて、右脇腹の痛み、そして排便を促す効果が期待できます。

スポンサーリンク