便秘 熱 大人

便秘で熱が出ても慌てないで!大人の場合の対処法とは

スポンサーリンク

便秘には、ダイエットによるもの、弛緩性、直腸性、けいれん性の4種類あります。
便秘は腸内に長期間老廃物が溜まった状態で腸内細菌に悪影響を与え、悪玉菌が増殖します。
その状態が続く事で発がん物質や硫化水素などの有害物質が腸壁から吸収され血液を循環し、肌荒れなどを引き起こします。
大腸に留まる事で便が硬くなる為腸内での活動が低調になり悪循環に陥ります。
そうならない為にも1日1回は排便をする事が望ましく過度なダイエットは控え、ビフィズス菌や乳酸菌を摂取し運動をする事で腸内環境を整える事が大切です。
腸内に大量の便が溜まり腸閉塞になる場合もあり、身体に危険を及ぼす事もあり、お腹に違和感や痛みを感じた時は市販の薬に頼らず病院に行きましょう。

スポンサーリンク

便秘になる事で大人も子供も、腸内に溜まった老廃物によって細菌が増殖し発熱を引き起こす場合があります。
もしも発熱したのであれば、浣腸をして便を出す事で改善される場合があります。
基本的に、免疫力のない子供が発熱する事が多く大人はまれなので腸炎などの別の病気の可能性を疑い、医師による診察を受けましょう。
規則正しい生活を送り、十分な睡眠をとり生活態度を変える事で便秘は防ぐ事ができます。
毎日便を出す事で自分の体調を知る事ができ、便に異常が見つかる事で病気の早期発見をす事もできます。
お腹の中に溜まったままの便を放置する事は体調管理を怠る事と変わりないので、食生活に力を入れ腸内環境の改善に取り組むようにしましょう。

スポンサーリンク