便秘 解消 寝方

便秘を解消する寝方あるの?どうすればいいのか?

スポンサーリンク

まず便秘とは何かを解説しましょう。
便秘の中でも特に多いのが弛緩性便秘といわれるもので、直腸での蠕動運動が微弱になることで腸内に便が貯留することで生じるものです。
身体を動かす機会の少ない人に起こりやすく、解消するためには適度な運動や数時間おきに姿勢を変えることが効果的です。
そのため、寝方を工夫することにも意義があるといえます。
それ以外にも種類がありますが、これらはストレスや生活リズムが乱れることが原因です。
これらの一般的な解消法として、まず生活を見直してリズムや食事を整えること、運動をすることやマッサージをすることがよくきかれます。
しかし、現実としてなかなか生活リズムを変えることや運動量を増やすというのは難しい人が多いのでしょう。
そこで睡眠時の工夫で便秘の解消につながる寝方について調べた結果をまとめてみました。

スポンサーリンク

運動をせず同じ体勢をとっていると、腸の中にガスがたまってしまったり腸の動きが鈍くなってしまうことがあります。
そのため、これをするためには腹部に適度な圧力がかかった状態が望ましいでしょう。
腹部への刺激を加えるには、うつぶせの姿勢をとることが効果的です。
マッサージと似たような原理ですが、うつ伏せになることで適度な刺激が加わり、腸の運動につながり、結果として解消につながるといえます。
また、一般的に上を向いて寝る方が多いのですが、腸の構造を考えると上ではなく左側を向く寝方が解消につながります。
上を向いたほうが寝心地の良い方であれば、水平な姿勢ではなく上半身を少し高くなるような姿勢をとることで、食べたものもスムーズに胃や腸に消化や吸収されていきます。
まとめると、便秘にはうつぶせ、左を向いた姿勢、上半身を起こした姿勢が寝方の工夫として効果的でしょう。

スポンサーリンク