蕁麻疹 原因 便秘

蕁麻疹の原因に便秘?

スポンサーリンク

蕁麻疹を起こす原因に便秘もあります。
蕁麻疹はアレルギーだけに反応するものではなく、
ストレスや疲労など体の内側でアレルギー物質が作られてしまうこともあります。
また、気温の変化によって反応する場合もあって様々です。
そして、原因の一つに便秘が考えられます。
便秘が続いてしまうことで腸の中で長い時間蓄積された食べ物から毒ガスが発生し、
腸壁を通って血液に入り込み、身体の細胞に送られてしまうのです。
その毒素が体は異物と判断してしまうことで蕁麻疹の原因となることもあるのです。
そして特定の場所ではなく全身にできてしまうことが多いのが特徴です。
人にとっては、一度にに全身に出てしまうこともあります。
治療法は便秘を解消する方法しかありません。
水分補給と食物繊維の摂取、糖質や脂質を控えた食事を心がけましょう。

スポンサーリンク

蕁麻疹は食べ物や花粉といったはっきりとし原因がわかっていれば解消法のも早いのですが、中には何かわからず発症してしまうことがあります。
そんな人は便秘が原因かもしれません。
通常大腸には食事として食べたものが送られ、少しづつ消化されていきます。
腸の中で食べ物が腐敗してしまい化学反応を起こしてしまうことでアレルギー反応としてで出てしまうのです。
しかし、それを解消できれば蕁麻疹もすぐに治まります。
ブツブツの治療に効く薬も沢山あるますが、まずは自身で解消法を探してみることも大事です。
軽い運動や、食事法、食物繊維をたっぷりとるなど、心がけるのも必要です。
そして毎日同じ時間にトイレに座るのも一つの方法です。
そうすることで毎日決まった時間帯に排便の習慣がついてきます。

スポンサーリンク