便秘 吐き気 病院

便秘で吐き気がするのはなぜ?病院は・・・

スポンサーリンク

胃と腸は、同じ消化器であり、同時に不調となることは、よくあります。
そのため、便秘と吐き気が同時に発生することは、珍しいことではありません。
しかし、腸の中が、便であふれかえり、新しく食べ物を受け入れることができない状態になっている状態のサインかも知れません。
長期間便が溜まっていると、便が腐敗し、全身に有毒ガスがめぐる危険性があります。
様々な影響を身体に与えてしまう可能性があります。
吐き気があることは、病状が深刻化している可能性があります。
早めに病院を受診するようにしましょう。
あるいは、もっと深刻な、命にかかわる病気のサインの可能性もあります。
吐き気が長引いているときや、嘔吐の症状が激しいときは、迷わず病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

便秘と吐き気が併発している場合、最も注意が必要な症例は、器質性の場合です。
器質性便秘とは、重大な病気が原因となっている場合を言います。
重篤な内臓疾患がその原因となっていることがあります。
例えば、腸捻転、腸閉塞や腹膜炎を起こしている可能性があります。
これらは、最悪の場合、命にかかわる可能性がある疾患です。
嘔吐以外に、強烈な腹痛や悪寒がある場合など、一刻も早く病院を受診するようにしましょう。
器質性便秘以外に、痙攣性便秘や過敏性腸症候群の場合にも、嘔吐を併発することがあります。
痙攣性や過敏性腸症候群の場合、自立神経の乱れが原因のため、吐き気以外にも頭痛などの神経症状や不安感など精神症状を併発することがあります。

スポンサーリンク