便秘 病院 処置

便秘で病院にいくとどういった処置があるのか?何科にいけばいい?

スポンサーリンク

食べ物を食べれば必ずださなければいけないものがあります。
長期間おなかにたまり、便がでないとなった場合、病院へ行くこともあります。
なかには、腹痛のために病院に行き診断を受けることもあります。
便秘の処置を受けるには、消化器内科、胃腸科、便秘外来による便秘治療があります。
赤ちゃん、5歳までの子供は、基本的に小児科での受診となります。
妊婦さんは、胃腸科では専門外のところもありますので、産婦人科で受診となります。
次に問診を受けます。
普段の食生活や、便が出ない期間がどれぐらいなのなか、排便時の様子やどんな便がでたか、血便であったか、排便を促すために自分で何か薬を服用しているかなど、様々なことを聞かれます。
その後、レントゲンをとります。

スポンサーリンク

レントゲンを見ながら、その人に合った食事法や運動法をのアドバイスをしますが、食事や運動では改善できないと医師が判断した場合には、その人の様子を見ながら薬が処方されます。
薬局で市販の薬を購入するよりは、効果的で安心できます。
経過をみるために1週間後にまた診察を受けるように言われることもあります。
あまりに症状がひどい場合や腸閉塞を患っている場合は、手術や入院といったこともあります。
便秘がもとで、大腸ガンになったり、体調不良を訴える人も少なくありません。
なかにはあまりの腹痛に救急車で運ばれる方もいるほどです。
たかが便秘と侮らず、自分ではどうにもできないといった場合はすぐに病院での診察を受けましょう。

スポンサーリンク