3歳 便秘 腹痛

3歳の便秘腹痛の解消は?注意点、改善方法について

スポンサーリンク

3歳のこどもの便秘については、まず、大きな病気がないかを疑ってみなければいけません。
大きな病気というのは、たとえばヒルシュスプリング病などの先天異常を含む突発的な病気ですが、これは普段からの子供の様子を観察していればある程度はわかります。
普段よりも機嫌が悪い、そわそわする、おなかによく手をやるようなときは便秘の不快さによるものの可能性があります。
ただし、子供が便秘のときは、便が出ないことに心配するというよりも、体調の不具合を訴えることが多いのです。
体調不良としては腹痛が一番、ついで嘔吐のような具体的な症状が多くみられます。
3歳ぐらいの子供はまだ言葉が発達していないため、すべての体感的な痛みを腹痛として訴えることも多いものです。

スポンサーリンク

さて、病的な疑いが否定っれた場合、次に考えられる原因が1.食生活、2.運動不足、3.生活リズムの乱れです。
1の食生活については、3歳の子供については親の食生活が大きく影響します。
子供は親と同じもの、または近いものを食べるので、親が健康的な野菜を多く使った食事をしていれば子供もおのずと便秘と無縁の暮らしが送れるでしょう。
2の運動不足については、親が積極的に子供を外に連れ出し、遊ぶ経験や体を動かすことをさせなければなりません。
3の生活リズムの乱れは、不規則な食生活を生み出し、排便のきっかけを日常的に失うことを繰り返すうちに、便通の乱れを引き起こすことがあります。
親が子供を早く寝かせることも便秘解消には必要なことです。

スポンサーリンク